ホームページ作成によく使うソフトの紹介

ホームページを作成するには、様々なソフトが必要になります。今回は、ホームページ作成の現場でよく使われるソフトを、紹介していこうと思います。
WEBデザインやバナー制作に使われるデザインソフトや、HTMLやCSS、Javascript等を記述する時に使われるエディターソフト、ファイルをWEBサーバーにアップロードする、FTPソフトを紹介していきます。

ホームページ作成の定番ソフトAdobe

WEBデザインで使うソフトで有名な物と言えば、PhotoshopやIllustrator等に代表される、Adobeの製品です。
Adobe Creative Cloudに登録する事で、クリエイティブに必要なソフトを全て使う事が出来ます。
費用は、何パターンか用意されています。
因に、僕がWEB制作でよく使うのは、Photoshop、Illustrator、Dreamweaverです。
他には、動画を編集したりする時に、Premiereを使ったりします。

フォトグラフィプラン
980円/月
最新のPhotoshopとLightroom等が使えます。


単体プラン
2,180円/月
Photoshop や Illustrator等の単体製品を使えます。


コンプリートプラン
4,980円/月
Adobe Creative Cloudに揃う、全ての製品を使えます。

詳細は下記リンクからどうぞ。

Adobe Creative Cloud

無料でも十分使える役立つフリーソフト

TeraPad
Windowsで使える、無料のテキストエディタ。
無料と言えど、コードをカラーリングしてくれるなど、機能は十分。

CotEditor
Mac版の無料テキストエディタ。
こちらも、コードをカラーリングしてくれる。

FFFTP
Windowsで使える、ftpソフトの大定番。
無料で使えて、シンプルな使い勝手が魅力。

Cyberduck
Macで使える、ftpソフト。
こちらも、Macでは定番。

GIMP
Windows、Mac共に使える、無料の画像作成ソフト。
フリーソフトなのに、とても多機能。

数多く有る、WEB制作に使えるソフトの中から、代表的なものをご紹介しました。