HTMLの構造に関して

htmlの構造は、まず<html></html>で全体を括り、その中にメタ情報等を記述する<head></head>と、ブラウザ上に表示される<body></body>を記述します。
下記の様になります。

<!DOCTYPE html>

<meta charset="UTF-8">

<html>

<head>

-メタ情報等を記述-

</head>

<body>

-実際にブラウザに表示される内容-

</body>

</html>

HTMLのバージョンを表すDOCTYPE  

<!DOCTYPE html>

上記の部分は、HTMLのバージョンを表しています。上記の書き方だと、HTML5の書き方になります。他にはXHTMLの書き方や、HTML4の書き方等も有ります。

サイトのメタ情報を記述するhead

<head>から</head>で括られた場所に、サイトのメタ情報を記述していきます。
代表的な物は、サイトのタイトルや概略、使用しているスタイルシートやJavascriptへのリンク等です。
また、上記の例では重要なメタデータである、文字コードに関して記述してあります。

上記の場合、このHTMLはUTF-8で記録されている事を意味しています。

ブラウザで表示される領域はbodyの中

実際にウェブブラウザで表示されるのは、bodyタグの中に記述されます。見出しや文章や画像等が記述されます。HTMLを書いていく際、ブラウザで表示させたい物は、全てこの中に書く事になります。

まとめ

全てのhtmlが、上記の構造になっています。丸暗記する必要は無く、テンプレートとして、一度書いたら保存しておき、新しくページを作る際は、コピーペーストして使うと効率的に作業が行えます。