HTMLの見出しタグについて

WEBサイトを作る際、長い文章は読みづらくなるので、1つのコンテンツに対して、見出しを設定する場合が多いです。
新聞や、雑誌等に見出しがついているのと同じです。

見出しタグの書き方

見出しタグは、hxの形で記述します。xには、見出しのレベルに応じて数字が入ります。
例えば、一番の大きな見出しだったら、「h1」タグを使い、それよりも小さな見出しは、「h2」タグ。
このように、見出しのレベルに応じて数字が小さくなっていき、「h1」から「h6」まで用意されています。
おそらく、多くのHTML入門テキストで最初の方に出てくる内容です。

通常、「h6」まで使う事は稀で、h3、h4位までがよく使います。

スクリーンショット 2015-04-17 15.51.47

SEO対策にも有効な見出しタグ

見出しタグは、SEO対策としても重要なので、是非有効に使いたいです。その際は、しっかりとページのキーワードを入れて記述する等の工夫が必要です。