HTML5で登場したheaderタグとfooterタグ

多くのWEBサイトで採用されている、ヘッダーとフッターですが、HTML5で専用のタグが用意されました。

WEBサイトのヘッダー

ページのヘッダーに使う事ができるのが、「header」タグです。
一般的には、サイトのロゴやプライマリーナビゲーションなどが入ります。

WEBサイトのフッター

ページのフッターに使う事ができるのが、「footer」タグです。
一般的には、コピーライトなどが入ります。
デザインによっては、サイトマップ的なリンクを入れる事もあります。

まとめ

XHTMLまでは、divタグのid属性などで表していた、ヘッダーやフッターですが、HTML5では専用のタグが使える様になりました。是非使っていきましょう。